2013年12月17日

新たな冒険の舞台・大阪

「しんとく問答」は、大阪に移り住んだ父の「今日のランチ。大阪版ご近所アドベンチャー。時空スクランブルつき」ともいえそうな?小説です。
 近畿大学で教えることになった父は単身千葉から大阪へ引越し、数十年ぶりの1人暮らしを始めました。冒頭の「エビフライライス」や後の「幕の内弁当」など、食に執着する様がことこまかに描かれてるのに笑ってしまいます。母という専属コックがいなくなり、食事をするために「着替えなければならない。ヒゲをそらなければならない」という状況の変化への意気込み、みたいなものが文章からにじみでているようで、「それほどのもんかい」とつっこみたくなるのも確かです。
 しかし一方で、父が積極的に大阪の街を味わいつくそうとする姿はまぶしく、地図を頼りに、または気の向くままにてくてくと歩き回り、挙句の果ては「今はない道」「それどころか、あるかどうか確かではない道」を探そうとまでする展開は、まさに1人暮らしの賜物、とも言えると思います。家と勤務先である学校との往復、もしくは果て無き飲み屋のはしご、にもなりかねなかった単身移住ですが、生まれて初めて住んだ大阪の街の魅力が、父にベルギーの人気コミックの少年「タンタン」並みの冒険心を授けてくれたのかなと思います。
 ところで、「しんとく問答」で重要な役割を果たしているのが作者が撮影したとされている「写真」でしょう。「十七枚の写真」という章では延々と、自分がとった写真がどんなものであるのかを文章のみで語っていきます。こんなのあり?と呆れながらも、その中の1枚の写真の描写に私は心惹かれました。本文を抜粋してみます。
『《写真17》の男です。とび出した男は、暫くテントの方を見ていましたが、とつぜん走り出しました。しかし、十メートル程で立ち止ると、さっと左手を前方に突き出しました。そして、上体に捻りを入れると、前方水平に伸ばしてひらいた左の掌めがけて、思い切り右足を蹴り上げました。それから男は、膝を高く持ち上げ、両肘を激しく振りながら五、六歩前進し、立ち止ったかと思うと、今度は前回と反対に、前方水平に伸ばした右の掌めがけて、左足を蹴り上げました。』
 「謎の男」の動きが鮮明に浮かび上がってきませんか?また、脈絡のない事態に思わずどうでも良い写真を撮ってしまった作者、という空気が伝わってきませんか?もしこれが実物の写真だけであったなら、男の行動のとっぴさ、動きのダイナミックさを読者は受け取れなかったのではないでしょうか。またたとえ、写真と共にキャプションがつけられたとしても、写真が伝える一瞬のイメージにとらわれて、そこから先の写っていないものへの想像力が働くことはなかったような気がします。
 くやしいです。父にまんまとやられました。
posted by アーリーバード・ブックス at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。